薬は やはり怖い

私も他の病気で医者に掛かり、診て頂く事が有る訳ですが、
胃腸科で頂いた薬でも頭に湿疹が出ましたし、それからCTを撮る時に造影剤を注射するのですが、2回 別々の医療機関でやりまして、2回とも湿疹が出ました。

また皮膚科で頂いた薬では、私には元々若干の不整脈が有るのですが、その不整脈が酷くなり循環器系の病院で診て貰い、1ヶ月ほど不調が続いた事も有ります。
市販の塗り薬でも、皮膚科の薬ほどでは有りませんが不整脈が強く出て、塗る量を調整しなければならないものも有りました。

死亡事故なども有るようです。
薬は必要で有りますが、極力使わなくて済むものなら使わない方が良いですね。
まだまだ分からない事が沢山有る訳ですから、


皮膚は 記憶する?、抜粋
>この皮膚科医の先生は、長いことステロイドを断っていた患者が、ほんの一回ステロイドを使ったとたん、まるでリバウンドのような症状を起こす様子を、何度か診察したことがある、というのだ。


薬も保湿も 依存症に、抜粋
>治りにくくなった理由は、患者さんの多くが、治療による影響を受けていない「本来のアトピー性皮膚炎」に「ステロイドの副作用」「プロトピックの副作用」とそこに「保湿への依存」が加わり、「ステロイド依存性皮膚症」、「プロトピック依存性皮膚症」、「保湿依存性皮膚病」という副作用の病態に陥っているからだと佐藤健二先生は指摘しています(※参照1)。